フランス代表ミカエル・ジェラバルがNBA入り

フランス代表のホープ、ミカエル・ジェラバルはレアル・マドリードで2シーズンプレーしたドレッドのスモールフォワード、すでに昨年ドラフト48位で指名されていたが、2006年夏、シアトル・スーパーソニックスが約70万ユーロをレアル・マドリードに支払うことで移籍が成立した。

ジェラバルはスペインのダンクコンテスの常連で、どこかで見たことあるようなダンクで優勝している。

またレアル・マドリードでは若いながらも中心選手としてプレー、今年の世界選手権フランス代表としても活躍が期待される。