京都ハンナリーズ vs 大阪エヴェッサ 9月23日(祝) プレシーズンゲーム

試合後の記者会見はこちら | 川辺選手、ラウーフ選手のコメントはこちら | フォトギャラリーはこちら

川辺選手動画コメント、ラウーフ選手のインタビュー

************************************

川辺泰三選手の動画コメント

[youtube AqaEE851zUY ] 短いですがブースターに向けてメッセージを頂きました。

************************************

ラウーフ選手

-今日の試合を振り返って
今日の試合ではもちろん勝つことが出来たのが一番良かった。自分達は勝つためにプレーしているし、その意味でも今日の試合は意味のあった良い試合だったと思う。勝因の一つとしてみんなが自分のことを考えずに自己中心的でないプレーを出来たことで、例えばオープンの選手を探したりとかいうふうにプレー出来たのが良かったからこれからもそれは続けていきたいと思う。

特にキブエは今日すごく良いゲームが出来たと思うし、キブエのところでミスマッチが出来てるのをちゃんとチームメイトが探して、得点につなげられたっていうのも良かった。チームでディフェンスが出来たのも良かったけれど、それを1試合通して継続的に続けてやっていけるようにこれからやっていきたい。

それからもう一つ良かったことが今日試合の最後にかけて点数が負けて離されてるいう状態だったんだけど、最後まで諦めること無く勝ちたいという気持ちを失わずに最後までチームとしてプレーできたことが勝利につながったと思う。

-2Qのルール変更で日本人選手が重要になってくると思います。昨年から残っている3人の日本人選手(瀬戸山選手、村上選手、川辺選手)について聞かせてください。彼らはレベルアップしていますか?
京介について言えば去年は例えばシュートをミスしてしまうとシュートを打つこと自体をやめてしまうことが結構あったんだけれど、今年は試合を通してずっと攻撃するという気持ちを忘れずにシュートを打ち続けてるのはすごく良いことだと思うし、ゲームをしながらいつもチームメイトの動きもしっかり見れてると思う。

村上もすごく攻撃的でいつも自分でドリブルしてシュートを打つ場面を探しているっていうのはすごくアグレッシブで良いオフェンスだと思う。川辺ももちろんシューターとして良いシュートを持ってるし、第2Qに外国人選手が二人しかいないっていってもそれはチームにとって問題では無いし、さっきも話したようにやっぱりチームにとって大切なのは試合を通して同じように戦い続けるっていうこと、特にディフェンスの中で試合を通して戦い続ける姿勢を失わないことが大切だと思う。

例えばさっきの話の中でもあったように、今日の試合では試合の終盤で10点とか11点とか多分離されたけど、ディフェンスで最後まで諦めないっていう姿勢を見せれたことで逆転して勝利に繋がったと思うし、大阪のチームもうちのチームも全員メンバーが揃ってるわけじゃないけど、その中ですごく良い試合が出来たんじゃないかなと思う。

京都2年目ですが、京都の観光はどこに行きましたか?
はじめ京都に来る前はドイツに行くっていう話もあった。ちょっと金銭的なこともあって結局京都に来ることになったんだけど、去年1年間京都でプレーしてすごく楽しめたから、それが今年もここに戻ってきた理由の一つでもある。

観光は嵐山、祇園、四条に行ったり近くのお寺に行ったり会社からも近いんで京都駅に行ったりもした。日本にいる間にいろんな場所に行きたいんだけど、長崎と広島と東京には出来れば日本にいる間には行ってみたいと思う。一番お気に入りのレストランはカプリシオ(四条と京都駅周辺にあるらしいです)で、いつもそこでご飯を食べてるよ。

一番好きな日本食は?
食べることが好きで、うなぎが好き!(笑いながら)一皿くれたら嬉しい!!えびやサーモンなどシーフードは何でも好きだよ。