青木康平選手の劇的ブザービートで信州に2連勝!(2月12日)

2月12日(日) 住吉スポーツセンターで行われた大阪エヴェッサ対信州ブレイブウォーリアーズ戦。試合序盤から両チームともに乗り切れない展開が続くも、第3Qに齋藤崇人選手の連続3Pなどでリードを奪い、アウェイの信州のリードで最終の第4Qに突入。第4Qに入ると一進一退の攻防が続く。残り5.3秒、信州1点リードの場面でボビー・セントプルー選手に対しタイラー・ヒューズ選手がファールを犯し2つのFTが与えられる。1投目を外すも2投目を成功させ同点に。信州は最後のシュートをこの日絶好調のデレク・ライヴィオ選手に託すもターンオーバーとなり試合は延長戦へ。延長戦でも一進一退の攻防が続く。残り8.3秒マイク・ベル選手がフリースローを2投獲得するも両方とも外してしまう。リバウンドを取った齋藤洋介選手だったがトラベリングの判定となり再び大阪ボールへ。残り時間5秒、サイドラインから試合再開。ケビン・タイナー選手のドライブインから逆サイドにいたフリー状態の青木康平選手にボールが渡る。綺麗な弧を描いた3Pシュートがブザー終了同時に決まり大阪が劇的勝利を収めた。
(文/写真=金澤 朱志)

スコアボード

2月12日(日)14:00

第1Q 第2Q 第3Q 第4Q OT 合計
大阪エヴェッサ 18 20 15 20 13 86
信州ブレイブウォリアーズ 18 19 19 17 10 83

【スタート】
大阪エヴェッサ:#0小淵雅、#11青木康平、#15マイク・ベル、#44リン・ワシントン、#50ウェイン・マーシャル
信州ブレイブウォリアーズ:#5デレク・ライヴィオ、#6齋藤崇人、#21鈴木豊、#24リー・ロバーツ、#34タイラー・ヒューズ

【レフリー】
石榑 芳弘(いしぐれ よしひろ)/JIN (じん )/今泉 雅敬(いまいずみ まさたか)

【観客者数】
1881人

【主な個人スタッツ】
大阪エヴェッサ:ワシントン22点8リバウンド、マイク・ベル17点6リバウンド、小淵雅13点、青木康平11点(3P 1/2)
信州ブレイブウォリアーズ:デレク・ライヴィオ30点(2P 10/11)、リー・ロバーツ15点8リバウンド3スティール、タイラー・ヒューズ19リバウンド

********************

【プレミアム限定】大阪はライアン・ブラックウェルHC、ボビー・セント プルー選手、青木康平選手、マイク・ベル選手、信州は青木幹典HC、齋藤崇人選手、齋藤洋介選手のインタビューはこちら