11月21日(日) 大阪エヴェッサ vs 琉球ゴールデンキングス 試合後のインタビュー

11月21日(土) 守口市民体育館で開催された 大阪エヴェッサ vs 琉球ゴールデンキングスの試合後のインタビューです。

20日(土)の試合後の記者会見はこちら | フォトギャラリーはこちら

********************

スコアボード

11月21日(日)13:45 観客:1723人

第1Q 第2Q 第3Q 第4Q 合計
大阪エヴェッサ 19 20 25 20 84
琉球ゴールデンキングス 19 7 10 17 53

スタッツ(各種、トップ選手のみ記載)
大阪エヴェッサ:
リン・ワシントン30PTS リン・ワシントン14REB 小淵雅/クロッツ4AST
ブラックレッジ/ワシントン2STL ブラックレッジ/他2人 1BLK

琉球ゴールデンキングス :
デイビッド・パルマー14PTS ジェフ・ニュートン8REB 与那嶺翼4AST 与那嶺翼3STL ジェフ・ニュートン3BLK

********************

大阪エヴェッサ

ライアン・ブラックウェル HC

-試合の総括
昨日と比べると本当に良いゲームに出来ました。特にディフェンスもオフェンスも両方ともバランス良く建て上げれた。リンが早い段階でゲームをキャッチアップした、早い段階でペースを握るためにリンが活躍してくれたっていうのが非常に大きい流れを作れたかなと思います。

-昨日の(相手チームの)ゾーンの崩し方を変えたところと、ゾーンの守り方を変えたところは?
昨日の試合のテープを見てゾーンはあるんですけど、沖縄さんは良いシューター多いので、良いシューターのケアをしっかり外からしていくっていうところです。ディフェンスに関してはトップからアグレッシブに、というところ。オフェンスもギャップを探して自分達のスペースを作って動きが出来てるシチュエーションでは良いプレーが出来てたので、それをもっと増やしていこうっていうところで統一意識でやりました。

-昨日は中を固めるゾーンをして、今日は外に少し広がったゾーンをしたイメージですか?
沖縄さんが昨日成功したのは、良いタイミングで外にオープンの人間を見つけてそこに出してそこからシュートが多かったのでそこに対応という意味でいうと、プレッシャーをかけてオープンのところを作らせないようにケアしたのと、あと昨日は簡単にペネトレーションをしてましたので、飛び込んでくる選手をしっかり抑えようと。そういうところを気をつけました。

-オフェンスで、昨日はリン選手とマーシャル選手がインサイドで体をはるイメージだったんですが、今日はリン選手が外に出て外から崩していこうという意識だったんでしょうか?
うちには(背の)高い選手がいますので、今年リンは3番のプレーをもうちょっと増やしたほうが、うちのオプションも増えますので、3番でパスの起点になるようなところでもプレーをして欲しいと選手には言ったつもりです。

-次戦の意気込みを
今日出来たような試合を第1・第2クォーターだけじゃなくて40分間フルに、そしてこの後シーズン続くゲーム全部でこういう展開のゲームを出来ることが一番の目標です。

********************


大阪エヴェッサ

リン・ワシントン 選手

-今日の総括
ご覧のように昨日より確実に良いゲームだった。要因としては気持ちの部分でどう戦うかっていうところを明確に出来たところと、我慢強くプレーして打てるところで必要なシュートを打つっていうところが出来たのが結果に結びついた。

-第1Qからすごい気合でした。どういう気持ちでゲームに臨みました?
最初の出だしが一番大事で、そこでゲームが変わってきます。やっぱりチームに影響しますので、そういう意味では個人的にも踏ん張って頑張ったつもりです。

-今後チームメイトに求めることは?
僕にパスを出すことかな(笑) それは冗談として、キーになるのはうちの日本人選手の部分。ここ(数試合)負けがこんだところで彼らはいろんなことに心配が多すぎたり、怖がって臆病になってる部分があったのかなと思います。ただうちの選手は充分このリーグで戦える実力を持ってる選手だし、あとは心の問題で、彼らが心の準備をしっかり強く持っていれば、やはりチームを助けるし、勝利の鍵っていうのは彼らのそういう部分でもあるのかなと。彼らには是非もっともっと頑張ってアグレッシブにプレーしてもらいたいなと思います。

-来週の大分戦はどのように戦いますか?
個人的に面白いことに滋賀、沖縄、大分(の3連戦)は3チームともキーになる元チームメイトがいるっていうことで(対戦が)楽しみなんだけども、やはり一番大事なのは今日出来たことをどれだけ続けて今シーズン、個人でもチームでも続けられるかっていうところだと思う。それが僕らがbjリーグのウェストをリード出来てる理由であり、一番強いんだっていうのを証明したいんで、証明するには今日のようなゲームを引き続き頑張って気持ちを込めて戦うことだと思う。

********************

琉球ゴールデンキングス

桶谷 大 HC

-試合の総括
歯車がひとつ狂ってしまってそこからもうだだだだーっと。選手にはインテンション持ってやって欲しかったんですけど、逆に焦らせてしまったかなと。我慢も出来てなかったし、リバウンドの面で22個も差がついてるとなかなか戦えない。31点差というのをこれで括る必要は無いですし、3連勝してて4連勝したかったですけど、52試合あればこういう日もあると思うので気持ちを切り替えて、ただやっぱりやる気無かった部分をしっかり反省して次の試合に、同じような負けをしないように、次の試合に向けてやりたい。もう一回キングスの落ち着きを取り戻したバスケットをしてもらうように選手には話をしてやりたいと思ってます。

-大阪のゾーンを崩せなかった理由は?
崩せなかったというよりもうちが変に追っかけよう、追っかけようというバスケットをしすぎてて地に足ついたバスケットしてなかった。ディフェンスに関しては、皆後半はハッスルして頑張ろうとしてたんですけど、ああいうふうにぴしゃっとハマった大阪を止めるのはなかなか難しいですし、それでどんどんどんどんチームとして焦ってしまった。こういう試合を今やって、もうこれが無いように、やっぱりこういう試合展開になった時にも我慢して後半の20分を戦えるような采配をしないといけないなと思いますし、がくっとしてても次の試合が来週またあるんで、その為の準備をしっかりして今日ダメやった部分をしっかり反省して、大いに反省して課題をしっかり修正していって次の試合に臨みたいなと思います。

-昨日上手くはまっていたゾーンではなくマンツーから始まりましたが?
いやいや、2-3やったり3-2を使ってて、なかなか流れが来ないから、うちの一番得意なマンツーやったけど、オフェンスがダメだからディフェンスで何とかしようとし過ぎてて空回りしてしまったのかなと。

大阪さんも今日はリンとナイトだけではなくて周りが良い集中力持ってやったというか、良いところで点数を決めてたんで、だからゾーンをしにくかったというのが正直試合中思っていました。

-昨日はインサイド攻めようとし過ぎる大阪を上手く抑えました。今日は外にリンが出てそこをなかなか止められなかったと思いますがどうですか?
リンが今日はすごい良い集中力を持ってて精神的にすごい安定してた。やっぱりイニシアティブを大阪が取ると強いなと思います。僕らやるべきは最初にイニシアティブを取る、それをどういうふうにしてやっていくかっていうのを反省材料にして、(今後)やりたいなと思います。

-課題は?
慌てずに自分達のバスケットを40分間やること。相手が調子良い時間帯もあるし、それと付き合って自分達のバスケットを見失うのが一番ダメなんで、そこですね。自分達のバスケットを見失った。デイビッドが入って上手いこと3連勝してっていうのがあったから、ちょっとデイビッド頼りになってしまったところもあった。ただじゃ、あのバスケットが自分達が今まで開幕から築いてきたバスケットかっていうと違ったし、そこらへんもうちょっと良いシュートを打たしてあげないと。今日はやっぱりデイビッド頼みになって、デイビッドが良いシュートを打ててなかった。そういうのを含めてもっと練習していって形作ってやらんとあかんなと思いました。

********************

与那嶺 翼 選手

大阪さんの気持ちにやられたのかなっていう思ってて僕らのエネルギーっていうのは個人個人出てたと思うんですけど、それがチームにならなかった。まとまってなかったっていうのが大きな原因だったと思いますし、1Qは我慢出来て2Qに点差が離れてしまって、それはやっぱりディフェンスから僕らのバスケットが出来なかったという点ですね。40分間通してキングスらしいバスケットが出来なかったことがすごく悔しかったですし、逆に言えばそれを自分達が出せるようになればこういう展開にはならなかったかなと思ってますし、次の試合ではキングスらしいバスケットを出すことが重要だなと思ってます。

-PGとしてどういうふうに修正しますか?
ボールを前にプッシュすることと、あとはチームディフェンスから、あとリバウンド、今日もそうですけどリバウンド20個ぐらい負けてるので。相手にオフェンスリバウンド20いくつか取られてるので、それじゃあやっぱりキツイのでしっかりとボックスアウトして、そこからキングスらしいバスケット、前に出す、そしてそこからセカンダリーで攻めたいと思ってます。

-次の試合に向けて
ひとつひとつ積み重ねていかなきゃいけないと思いますし、そこをみんなで共通理解のもとしっかりとやっていきたいと思います。