カルロス・デルフィノ、トロント・ラプターズへ

6月15日(現地時間)、NBAデトロイト・ピストンズとトロント・ラプターズの間でドレ-ドが成立。
ピストンズからはカルロス・デルフィノ、ラプターズからは2009年、2010年のドラフトニ順目を交換することで合意に至った。

ガルバホサの怪我以降、Fジョーンズのトレード、ルーク・ジャクソンとの契約など、一貫してSFを補強し続けるラプターズはまた新たにイタリアリーグ(デルフィノはレッジョ・カラブリアで3シーズン、スキッパー・ボローニャで1シーズン)でプレーした経験を持つ選手を獲得することになった。
(これでますます外堀が埋められ、モーリス・ピータソンとの再契約は実現しない雰囲気)
トロント・ラプターズはカルデロン、ガルバホサ、バルニャーニ、ネストロビッチ、スロカール、ポップ・ソウについでノン・アメリカン7人目。
反対に、デトロイト・ピストンズは現有選手が全てアメリカ人となった。
(白人選手も存在しない、最近のNBAチームの中では稀有な存在でもある)