オセアニアのライバル激突

FIBA2006世界選手権へ向け、各国の代表チームが本格的に始動している。
7月12日、14日に行われたJeep International Seriesでオセアニアのライバル、オーストラリアとニュージーランドが対戦。
二試合で一勝一敗の結果に終わった。

12日の試合はアンドリュー・ボーグットとクリス・アンスティーのツインタワーがそれぞれ14点10リバウンド、24点12リバウンドを上げ勝利に貢献。
14日の試合はニュージーランドのガード、フィル・ジョーンズが3Pを8本(16投中)を決め、大差をつけ勝利した。

7月12日の結果はこちら→Australia81 New Zealand79
7月14日の結果はこちら→New Zealand72 Australia53