ザルギリス・カウナスの補強

リトアニアのビッグクラブ、ザルギリス・カウナスはサボニスが最後にプレーしたクラブとしても知られているが、2006-2007シーズンに向けて精力的に補強をおこなっている。

まずはクロアチア代表ガード、マルコ・ポポビッチと契約、ポポビッチは2002-2003シーズンにクロアチアリーグ得点王&MVPで名を上げ、以後スペイン、トルコなどのトップリーグでプレーするとともに、ユーロリーグでも実績をあげていた。

カウナスはさらにブラジル代表で今年の夏、世界選手権で来日するであろうマルセリーニョ・マチャドと契約。さらにはフィンランド代表で元NBAのハンノ・メトラとも契約した。

昨シーズン終盤にはケニー・アンダーセンと契約するなど、戦力面で問題のあったザルギリス・カウナスだが、来シーズンへむけて補強は順調のようだ。